長距離2年の小泉です。
2年生になりました。とても元気です。ただ、最近うちのクーラーが壊れまして、だいぶ睡眠の質が低くなり、若干睡眠不足気味ではありますが・・・・・・
というわけで、なぜ家のクーラーが壊れたのか考察していきましょう。家のクーラー(正確には僕の部屋)は結構年季がはいってきています。僕が物心ついた頃からあるので最低でも15年は稼働していることになるでしょう。
よって一つの原因は、古くなってきたからと考えられます。①
次に、クーラーの故障の仕方に焦点を当てていきます。家のクーラーつかないわけではないんです。まず、このことから、リモコンのセンサーに問題はおそらくないと考えられます。②(変な信号を送っている可能性は否定できないが)
ではどのようになっているのかといえば、稼働はするのですが、5分ほどすると停止してしまいます。ここから、自分なりに考えてみました。(もちろんインターネットの力を用いながら)おそらく①と②を加味しますと、室外機の故障だと考えられます。自分自身確かめてみたのですが、エアコンが稼働すると動くはずの室外機が動かない状態になっていました。おそらく間違いないと思っています。とりあえず、今週中に室外機の掃除をして確認してみて、それでもダメそうなら修理してもらうしかない気がします。どうか安く済みますように。(七夕も近くなってきましたし、願っておきます。)
次に本題ですね。
さて、箱根予選会もだいぶ近づいてきているのを実感します。去年のように、もう体重が重たいだとか、歴が浅いというような言い訳は通用しなくなっています。その中で、9月までに10000mで34分を切る。そして、その記録を切るために必要な練習を行えない自分の実力不足を把握し、ケアをしっかり行い、今の自分の身の丈にあった練習をしていくことが大切である。要は決して近道などないということを理解するということです。
以上です。変な終わり方ですが、ご拝読ありがとうございました。