お疲れ様です。4年副パートチーフの黒沢侑平です。
暑くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は試合こそ出ていませんが、順調に練習できています。夏を経てさらに成長した姿をお見せできればと思います!
チームも非常に順調だと感じます。男子チームに関して言えば、5月に阿部、矢沢が標準記録を破り、予選会出場まであと1人のところまできました。また、新たに学習院記録(11時間58分33秒)更新という目標を立てました。目標達成に向けてチーム一丸となって全力で取り組んで参りますので、応援の程よろしくお願いいたします。

さて、今回は男子チームが取り入れているミーティングについて書かせていただきます。新チームになったタイミングで導入し、コーチの須藤さんからいただいたアドバイスを参考に試行錯誤しながら取り組んでいます。

ミーティングのやり方について以下で簡単に説明します。

①ランダムで3人のグループを作り、個人の振り返りを行う。聞き手2人は振り返りに対してGOOD(=良かった点)とBETTER(=改善点)をフィードバックする。
②同じグループでチームへの提言を行う。①と同様にGOODとBETTERを伝え合う。
③グループの代表がグループでまとまったことを全体で共有する。

このような形のミーティングを2週間に1回の頻度で行っています。私たちは、箱根駅伝予選会で学習院大学記録を更新することを目標として掲げていますが、このミーティングは目標達成のために個々が頭を使って練習できるようにすること、チームに対して意見を言える機会を作ることなどを目的に行っています。

当初はグループを作らず、チーム全員の前で振り返りをしていましたが、1人の発言量を増やす目的から現在は少人数で行っています。これにより、より詳細な振り返りとフィードバックができるようになりました。

これを取り入れてから、チームは少しずつ変わってきていると感じます。特に変わったと感じるのは、下級生が積極的に意見を言えるようになったことです。導入当初は遠慮がちでしたが、最近は厳しい指摘もしてくれるようになりました。私が下級生の頃は言いたいことがあっても遠慮してしまうことが多かったので、チームのために積極的に発言してくれるのは非常に嬉しいです。上級生としては、下級生の意見を大切にして可能な限り運営や練習メニューに反映しようと考えています。

そういえば、私が応援している某プロ野球チームも類似の取り組みをしていることをネットの記事で知りました。主に1~3年目の選手を対象に「主体的に行動できる選手の育成」と「言語化能力の高い選手の育成」を目的として取り組んでいるようです。交流戦は最下位でしたが後半戦の巻き返しに期待です。

話が逸れましたが、このミーティングの甲斐もありチーム力は確実に向上しています。4年生にとっては泣いても笑ってもあと数ヶ月です。どんな結果になるかわかりませんが、後悔しないためには1日1日を大切にし、全力で取り組むしかないと思っています。私も就職活動等で忙しい時期ではありますが、予選会に出場すること、学習院記録を更新することしか考えていません。

間違いなく、チームに吹いているのは追い風です。4月にはルーキー矢沢が入部し、木村も戻ってきました。役者は揃いました。全員で予選会へ、ノンストップで駆け抜けます!

ここまで読んでいただきありがとうございました。思いついたままに書いたのでおかしな文章ですがご容赦ください。目標達成に向けて全力で頑張りますので、応援の程よろしくお願いいたします!

20240622_161815

20240622_161105